動物デザインで、ホッと一息つく。”飼えない”女子の心の癒し

猫を飼う人は、あのお腹に顔をうずめると癒されるというし、犬を飼っている人はチコチコ揺れる尻尾がたまらないとよく言ってます。

でも実際、ペットを飼えない状況だって多いじゃないですか。

仕事が忙しいから留守番ばかりで寂しい思いをさせちゃいそうだとか、家がペット禁止の物件だとか、アレルギーがあるとか。

「自分の癒しのために、いのちを飼うなんて…」とか、もっと深いところまで考えちゃって身動きが取れない人も。

私はそういうときは、身の回りのモノに好きな動物のデザインを取り入れてますし、人にも「いいよ!」って勧めたりしてます。

それでも二の足を踏む人は多くって。

そんな、迷いの多い”飼えない””買えない”女子の気持ちをちょっとまとめてみました。

やりすぎてしまわないか心配

先日テレビで「猫好きなんです!」という妙齢の女性がインタビューに答えてました。

服の柄がまずドーンと猫。

ジェルネイルも猫。

バッグが黒猫の顔面ドーン。

靴下もつま先に猫がバーン。

自分の好きなものを貫き通す姿勢には感服しますが…正直、お近づきになりたくない雰囲気…。

そうなんですよね、個性的なデザインってチャレンジするまでのハードルが高いですよね。

でも一度手を出してしまい、それが猫や犬なんていう自分のラブなものだったら、先述の妙齢女性のように、愛があふれて全身を埋め尽くしてしまうんじゃないかって…。

ちょっと怖気づいてしまうのかも。

子どもっぽくみられるんじゃないかと気になる

猫ちゃん、犬ちゃん。他にも最近は専門カフェができるほどハリネズミちゃんも人気ですね。

でも動物デザインって、子どもっぽくみられるんじゃないかって気になる人もいます。

たしかに子どもやティーン向けのアパレルやグッズには動物のデザインが多いのは事実。

でもこれも、選び方によってぜんぜん気にならなくなるので。

異性に媚びているんじゃないかと周りに思われるかもと、気が引ける

ここまでくると考えすぎの部類かも。

でも、でも、気になるととことん気になるのが女の性ですから…!

『わたしぃ~、ひよこさんが好きなんですよねぇ、可愛いじゃないですか~』『可哀想で卵食べられないんですぅぅ~』※一例

みたいな媚び媚び女子と一緒にされたくないって感じる人もいないわけではないです。

自分が癒されたいがために持ち歩いたり身に付けている動物さんデザインの小物たちなのに。

人の目、特に同性の目が気になってしまって買えないのは、なんだかもったいない。

年齢に関係なく、身近に、さりげなく、そしてイタくない取り入れ方なら解決できます。

今やみんなが持っているスマホ。取り入れるならそのケースあたりがちょうどいいのかなって思います。

さらに言えば、北欧デザインは敷居が低く手が出しやすいのに、子どもっぽくならずお洒落に見えるから不思議なんですよね。

テキスタイルデザインだけでも洗練されている北欧風の小物たちは、同じ系統でたくさん揃えてもやり過ぎに感じにくく、ほっこりした素朴さすら滲み出てきます。

北欧の国々発祥の有名なキャラクターは、そこまで強い主張をしないから、人とかぶってしまっても気まずさもあまり感じないというのも大きい。

むしろ「あ!これ好きなんですね!」と意気投合することも。なんだか不思議な距離感です。

ちなみに、北欧生まれの有名キャラと言えばムーミンが不動の人気。

デザイン自体もとても豊富で、まったく同じものがかぶるのもそうそうありません。

また、最近だとリサ・ラーソンの動物デザイン(猫のマイキーや、ハリネズミ、ライオン)もユニクロのUTに採用されたり人気ですね。

着るのはちょっと抵抗があるなら、やっぱりスマホケースあたりがいいのかも。

好きな動物をずっとそばに置ける癒しを体感してみて

最初に言ったように、いろんな事情でペットが飼えないこともありますね。

賃貸住宅で、ペット禁止だから飼えない。

留守がちだから、ペットを不幸にさせてしまいそう。

自分の癒しのためにいのちをおいそれと飼うのに抵抗を感じる。

または、昔飼っていた最愛のペットが亡くなってしまい、またあの時のようなどん底のような悲しみをもう味わいたくない。

そんなケースもありますね。

毎日手にする雑貨、小物、スマホケースなどに、ちょっと動物のいる暮らしはどうですか?

忙しさにキリキリと目が吊り上がりそうな日も、お気に入りの動物アイテムを使ったり眺めると心がほぐれていく。

ため息が出たときに、手にしたスマホのケースに描かれた『猫の気の抜けた表情」に、ちょっと口角が上がる。

そんな時間を生み出せる暮らしです。

確かにワンちゃんや猫ちゃんのように、ふんわりとしたぬくもりやお日様に干したお布団のようないい匂いはしないかもしれません。(クッションなら別かもしれませんけど)

でも、いつでも変わらずにそこにいて、姿を見せてくれる存在って、癒されるものですよ。

The following two tabs change content below.
エリー

エリー

ちびっこ娘と旦那と三人暮らしの都民。他人の子も大好きな元保育士。もっぱら娘とプリキュアダンスしてます。
\この記事をシェアする!/
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です