投稿日:

夜に見る夢の意味とは?(1)ー「歯が抜ける夢」について

夜に見る夢はとても不思議ですよね。私はその夢がどうしてそんな不思議な話になるのか興味を持って調べたことがありました。

かいつまんで言うと夢とは「願望」であり、主に「前日」の眠る前の出来事が圧縮され、要約されて、幼少期の経験などを踏まえて姿を変えて現れるのが夢だそうです。ここでは私なりの私がよくみる夢の意味を考えてみました。夢はそれぞれ人によって意味が違ってくるので、この解釈がそもそも当たっているかどうかわからないですし、他の人にあてはまるわけではないとは思います。ですが自分自身の場合に対しては納得した解釈で、今回はそのうちの一つをご紹介いたします。

歯が抜ける夢

歯が抜ける夢は多くの人が見る夢らしいのですが。例に漏れず私もよく見ます。歯が抜ける経験というのは誰でも幼少期に経験することですし、老齢になればまた歯が抜けることを経験していくことでもあります。あくまで「私の場合は」ということですが「歯が抜ける」というのは容姿のコンプレックスが象徴として現れたんだと思っています。前日にその容姿に対するコンプレックスのなんらかの経験が夜に夢として現れたのではないかと思っています。

幼少の頃、歯が抜けたばかりの日はなんだか恥ずかしい思いをした記憶がありますし、私自身はまだ老齢ではありませんが、年齢を重ねて容姿が衰えていくことも歯が抜けるということが象徴しているように思えます。ちなみに、「夢判断」の著者である心理学の第一人者ジークムント・フロイトはこの「歯が抜ける夢」をみたことがなかったそうです。フロイトはかなりのイケメンであったそうなので容姿に対してコンプレックスがなかったのではないのかなと勝手に思っています。(あくまで推測ですが)

容姿のコンプレックスは、万人が持つコンプレックスで、例えばどんなに美人で、え?100点満点でしょ?って思う人であっても、その人にとっては自分のこのパーツが気に入らないという人はいますよね。(そういうこと聞くと私は、いやいやいやいや、ぜんぜん気にならないでしょって全力で否定したくなるんですけどね。)なので、容姿というのはメジャーなコンプレックスの一つなんですよね。

夢の解釈は人それぞれ

今回の夢の解釈については、私自身が夢をみた前日に思い当たる節があっての解釈で、「私の場合は」ということはあらためて強調しておきたいと思います。人によっては全然違う意味としての象徴かもしれません。例えば「カブトムシ」でもカッコイイと思う人もいれば気持ち悪いと思う人もいるように。

それにしても夢って不思議ですよね。夢は不思議な形が現れたりするのですが、それも紐解けば現実の経験を元にしている点がなんだかアートやデザインと共通点があるなあ、なんて思っています。

Pocket

The following two tabs change content below.
トキトマデザイン

トキトマデザイン

トキトマデザインの代表です。デザイナー兼 WEBサイト運営 兼 バイヤー。現代美術とデザインと釜玉うどんが好き
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です