投稿日:

偽札か、芸術か

1986年イギリスで、一人のアーティストが逮捕されました。容疑は通貨偽造。そう、彼は偽札をアートであると主張して制作していたのです。 ジェームズ・スティーヴン・ジョージ・ボグス (James Stephen George Boggs) は、いわゆる自称アーティストではなく、美術市場で彼の作品は相応の値段で取引され、現在ではニューヨーク近代美術館(MoMA)や、スミソニアン博物館などで展示されるほどの認められたアーティストでもありました。

ボグスは世界各地でサービスや商品の代金を支払う際に、現金やカードではなく、自身の作品(ボグス・ビル)によって支払うことがありました。自身の作品、つまりそれは複製された紙幣でした。ただし単純に複製したわけではなく、裏面は白紙であり、例えば肖像画はボグス自身の顔であったり、紙面には連邦準備銀行「ではない」と書かれている等、実際の紙幣と異なる点もありました。そしてアートディーラー(アート作品の売買を仕事とする人)にボグスはその「作品」がどこで使われたかの情報を提供し、アートディーラーはその額面の金額で所有者(つまりボグスから支払いを受けた人)から作品を買い取るのです。しかし現実はそううまくいきません。下の動画をご覧いただければ、ボグスは何度も支払いを拒否されてしまうことがわかります。


ボグス・ビル (c)Discovery(英語)

ちなみにボグスは直接アートディーラーに作品を売ることはなかったそうです。

ボグスは通貨偽造の容疑で世界各地で何度か裁判にかけられますが、イギリスでは釈放され、オーストラリアでは有罪となります。

友人の結婚式での実話

さて、今回は、私の友人の結婚式にご祝儀を「葉っぱ」で済ませた人の話です。その人をAさんとします。

タヌキでも葉っぱをお金に変身させておくと思うのですが、Aさんは葉っぱをそのままご祝儀として渡したそうです。Aさんが自然をテーマにした作品でアーティスト活動をしていたからというのもあるのですが、それにしてもなかなか勇気がいることです。お金がないなどの事情はあるのかもしれませんが、招待する新郎新婦の側にも相応の金銭的な負担がありますし、何かの理由をつけて不参加にするとか二次会だけ参加するとか方法はあったはずです。

ここでボグスの話を思い返してみますと、どちらもまあ同じようなことをしているわけです。一つ決定的に違うことがあるとすればボグスの場合はその後アートディーラーから連絡があり額面の金額で売れる、つまり同等の金額を手に入れることが約束されているわけですが、葉っぱはそのまましおれていくだけです。

そしてボグスはすでに有名なアーティストであり、作品を価値あるものとして美術市場で認知されていますが、一方Aさんは無名のアーティストです。

では、その葉っぱにアートとしての価値がないのか?ということですが、まず前提として、おそらくAさんはご祝儀で渡した葉っぱを本気で作品とは思っていなくて、なんとなくお茶を濁そうとしただけなのではないかな、ということがあります。(将来Aさんがご祝儀相当の金額で喜んで買い戻すのであれば別ですが、そうはならないでしょう。)

ではもし仮に、Aさんが葉っぱを本気で作品と考えていたとしたならどうなるでしょうか。その場合でもやはり受け取る側がその作品の価値を決めるべきであって、押し売りをしてはいけないはずです。「いいでしょう!?あなたもこれいいと思うでしょう!?」と言って渡すのは違う気がします。ボグスでさえ何度も作品での支払いを拒否されたのです。(ボグスは彼のことをよく知らない人に対して作品で支払うことを好みました。)

もちろん芸術作品の価値は金額の多寡ではありませんが、そこを自分が楽をするためや都合の良いようにとらえて、アートと言えば価値があるとして押し付けるようなことがあってはならないのです。

前回のブログの、「簡単そうに見える絵だから価値があるわけがない」とした人たちと同様に、「これはアートだから」という理由で周りに押し付けてはいけないな、そう感じた出来事でした。みなさんはどう思われますでしょうか?

 


《参考URL》(英語)
The New York Times – J.S.G. Boggs, Artist, Dies at 62; He Made Money. Literally.
<https://www.nytimes.com/2017/01/27/arts/design/jsg-boggs-dead.html?mcubz=1>
(アクセス日:2017/8/21)

The Economist – Obituary: J.S.G.Boggs was found dead on January 23rd
<https://www.economist.com/news/obituary/21716015-artist-and-trickster-was-62-obituary-jsgboggs-was-found-dead-january-23rd>
(アクセス日:2017/8/21)

The following two tabs change content below.
トキトマデザイン

トキトマデザイン

トキトマデザインの代表です。デザイナー兼 WEBサイト運営 兼 バイヤー。現代美術とデザインと釜玉うどんが好き
シェアする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です