投稿日:

「警察官クビになってからブログ」のハルオサンについて

昨年の年末、私はあるブログを見つけてしまいました。その名も「警察官クビになってからブログ」です。詳しくはブログを読んでほしいのですが、その内容全てが衝撃的でした。

今回、このブログの執筆者であるハルオサンに私のショップブログに寄稿をお願いいたしました。

その寄稿いただいた記事を公開する前に私自身が思うハルオサンと「警察官クビになってからブログ」についてのお話を書くことにします。

ハルオサンは、いわゆる「ブラック企業」に勤めていたのですが、一つ一つのエントリーで語られるどの体験も次の展開が予想できないびっくりするようなことばかりなのです。ですが、それは単純に「ヒドい体験をした」というだけでなく、引き込まれるような文章、思わず笑ってしまうようなユーモアがあり、それはヒドい!というだけの話になっていないのです。そしてブログに描かれるイラストが、とても良い雰囲気を出していて、過酷な内容をいい具合に中和してホッとさせてくれます。

私がこのブログを読んで一番心を打たれたのは、どれだけヒドい仕打ちにあっていたとしても、ハルオサンは相手への思いやりや周りへの配慮を忘れないということでした。他人を陥れるおぞましい欲望や、過酷な環境の中で、時に洗脳(!)されながらも、ハルオサンは自分の中での良心を持ち続けていました。

今、この世界では、経歴、年収、肩書き、など競争によって得られるそれらに魅了されて生きる人は少なくありません。もちろんそれはそれで素晴らしいことだとは思うのですが、私はハルオサンのブログを読むと、ハッと気がつかされるのです。どれだけ、何を失ったとしても、心だけは自分のものでありたい、また逆を言えば、お金でも地位でも何を得ることがあっても心を失ってはいけないのだと。

世界は単純ではありません。お金は必要ですし、あらゆる災難や自分の弱い心、欲望と戦わなければなりません。そんな時は、この「警察官クビになってからブログ」を思い出してかろうじて戦っていきたい、そう思うのです。

ではハルオサンの記事はこちらからどうぞ!

The following two tabs change content below.
トキトマデザイン

トキトマデザイン

トキトマデザインの代表です。デザイナー兼 WEBサイト運営 兼 バイヤー。現代美術とデザインと釜玉うどんが好き
シェアする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です